DuckDuckGo

DuckDuckGo 5.3

ユーザーを追跡しない検索エンジンを搭載したブラウザー プライバシーを重視する人に

iPhoneとMacのWebブラウザーにはSafariがデフォルトで備わっています。MacではOSX Yosemite以降のSafariの検索エンジンの選択肢としてGoogle、Yahoo!、Bingに加えて、ユーザーの個人情報を蓄積・追跡しない検索エンジン、DuckDuckGoが選択できるようになりました。iPhoneの場合もiOS8以降はSafariの検索エンジンにDuckDuckGoを選べるようになる見込みですが、iOS7までのiPhoneでは選択できません。iOS7を使っている場合、アプリ版のDuckDuckGo Search & Stories(ダックダックゴー サーチ&ストーリーズ)を入れれば、ユーザーの情報が蓄積されない形で検索を行うことができます。 完全な説明を見ます

賛成票

  • ユーザーを追跡しない検索エンジンによる検索を行える

反対票

  • アプリのダウンロードは17才以上が対象
  • デフォルトで英語サイトの検索結果が表示されるので、使い始める際に設定を変える必要がある

とても良い
-

iPhoneとMacのWebブラウザーにはSafariがデフォルトで備わっています。MacではOSX Yosemite以降のSafariの検索エンジンの選択肢としてGoogle、Yahoo!、Bingに加えて、ユーザーの個人情報を蓄積・追跡しない検索エンジン、DuckDuckGoが選択できるようになりました。iPhoneの場合もiOS8以降はSafariの検索エンジンにDuckDuckGoを選べるようになる見込みですが、iOS7までのiPhoneでは選択できません。iOS7を使っている場合、アプリ版のDuckDuckGo Search & Stories(ダックダックゴー サーチ&ストーリーズ)を入れれば、ユーザーの情報が蓄積されない形で検索を行うことができます。

アプリをインストールし起動したら、ブラウザーが立ち上がります。登録などは必要なく、そのまま使えます。ただ、英語のニュース画面がホームページに設定されているので、セッティングをカスタマイズしてから使い始めると良いでしょう。

ブラウザーの初期画面を右にスワイプすると設定画面が現れます。「Setting」→「Home」で、DuckDuckGoのホームページに設定したい画面を選べます。選択肢はニュース(英語)などが表示される「Stories」、最近の検索ワードの「Recent」、お気に入りが表示される「Favorites(お気に入り)」、そして検索画面のみの「Search Only」の4つです。セッティングの下の方に「Region Boost」という項目があり、デフォルトでは米国に設定されているのですが、「Japan」に変更しましょう。でないと、アルファベットで検索する際に、英語サイトの検索結果が表示されてしまいます。

DuckDuckGo Search & Storiesは、プライバシーを重視する人におすすめのWebブラウザーアプリですが、ダウンロードは17才以上が対象となっている点には注意しましょう。

DuckDuckGo

ダウンロード

DuckDuckGo 5.3